MISSION 08

坂﨑 千紗 北関東支社 エージェント

病院側にも、医師側にも寄り添い、
“対話力“で課題解決できるエージェントでありたい。

「今まで乳がん検診を受け持っていた先生が、闘病のためにしばらくの間現場を離れることになったんです。でも来月には検診の予約が入っているので、その日だけでもどうにか代わりの先生を見つけてもらえないでしょうか」2017年7月。当時コーディネーターだった坂﨑は、さいたま市内で健康診断を行っているクリニックの事務長からこんな相談を持ちかけられた。募集条件は、1)女性医師、2)乳がん検診ができる人、3)レントゲンが読める、の3つ。しかし、女性の医師は絶対数が少ない上、乳がん検診ができてレントゲンが読めてとなると、条件は極めて厳しい。頭を抱えた坂﨑は、事務長に交渉した。「すべての条件が揃った医師が必要だというご事情は、とても理解できます。ただ、今回は緊急度が高いので、優先度の高い条件に絞ってみませんか?」その結果、〝乳がん検診ができる女性医師〞という条件で探すことになった。しかし、兆しすらないまま検診予約日は2日後に迫っていた。すると、再び事務長から連絡があった。「例の検診は、提携のクリニックから内科の先生が代理で来てくれることになったから、大丈夫。一生懸命探してくれてありがとう。代わりに、その提携クリニックの穴を埋めなくてはいけないので、内科外来の先生を探してくれないかな?」坂﨑は「内科外来の医師ならどうにか……」とすぐに気持ちを切り替え、見事2日後の内科外来の医師を確保することができた。

しかし、坂﨑は諦め切れなかった。ひとまず今回の検診日は事なきを得たが、医師不在の根本的解決にはなっていない。〝乳がん検診ができる女性医師〞のポストを埋められる人材を見つける力になりたい。その一心で登録医師に声をかけ続けた。すると、「スキルアップのために検診を経験したい」という女性医師が興味を示し、直接会えることになった。詳しく話を聞いてみると、「研修を終えたばかりで、乳がんが専門ではありません。がん検診のいくつかは経験がありますが、まだできないものもあります。ただ、やってみたいんです! 」と、不安はあるものの、熱意のある医師だった。さっそく事務長にこのことを伝えると、当初は経験値の面で躊躇はあったものの、「毎週代わる代わる医師を探すよりも、やる気がある一人の医師に毎週来てもらえる方がいいはずです!」という坂﨑の言葉に背中を押され、〝経験不足は院長のサポートで補う〞体制で、定期非常勤の話がまとまった。

後日、医師からは「毎週通うのが楽しみなほど勉強させてもらっています」、クリニックからは「紹介いただいた先生はよく頑張ってくれていますよ!坂﨑さんの提案のおかげです」という近況の報せを受け、坂﨑はようやく安堵することができた。彼女は今、病院と医師双方の気持ちをくみ取り、共に納得のいく条件でマッチングさせられる「対話力を持ったエージェント」として、日々成長し続けている。

SPECIAL CONTENTS

MISSION 01
MISSION 02
MISSION 03
MISSION 04
MISSION 05
MISSION 06
MISSION 07
MISSION 08
MISSION 09

CONTENTS

3つの特徴
代表からのメッセージ
その提案が医療を変えた
事業紹介
研修・教育・人事制度
キャリアステップ
募集事項
Q&A
代表からのメッセージ
3つの特徴
その提案が医療を変えた
事業紹介
研修・教育・人事制度
キャリアステップ
Q&A
募集事項